大魔法使いの若返り - 若返ったけど魔力がなくなった

Ouvill

― 大魔法使いだったけど、魔力が無くなった ―

大魔法使いアルバートは、世界最強の魔法使いだった。しかし老化によって体が言うことを効かなくなってきていた。そこでアルバートは若返りの薬を作ることによって、子供の体になることに成功した。 子供の体になったことを喜んでいたが、副作用によって魔力を失っていた。 魔法を再び取り戻すためにアルバートは、子供の体で旅に出る。

絶大な魔力によって優雅な生活を満喫していた大魔法使いが、色々と苦労する話。

異世界ものではあります。ですが、転生ではないです。
スキル制でもありません。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この小説について紹介しているページです。
気になったら是非読んでみてください。

クルミちゃん

ハマっちゃうと寝られないから。ご注意!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする