たとえば平凡な自分を嫌う少年が、霊感能力を手に入れたなら (外部サイトで読む

七草裕也

小学6年生の木村太郎は平凡で普通な自分が嫌だった。
きっと、自分の人生も特徴のないつまらないものになるだろうと思うから。

夏休み明け、朝倉佳恋というその少女が太郎のクラスに転校生してくる。
和服姿という独特すぎる姿で小学校にやってきた彼女は、太郎にささやく。

「あなたはもうすぐ目覚めますから」

その言葉通り、平凡な少年だった太郎は霊感能力に目覚め、彼の前に死んだ祖母の幽霊が現れる。
これで平凡な人生は終わり。これからはこの力を使って特別な人生を歩んでみせる!!

だが、太郎はまだ知らない。
普通であるということの幸せと、特別であるということの不幸を――

※メインジャンルは悩んだ末に小学生向けということで、『童話』にしましたがどちらかというと『ジュブナイル』です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ジュブナイル
    霊感能力
    木村太郎
    朝倉佳恋
    和服姿
    少年
    人生
    童話
    転校
    どちらか
    幽霊
    つまらないもの
    メインジャンル
    小学生向け
    祖母
    夏休み
    小学校
    自分
    クラス
    小学6年生

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち