神凪の巫女と剣士

牧原のどか

ある日いきなり異世界に召喚されてしまった双子神凪大和と椿。
それは行方不明になった王女を呼び戻すためのものだったはずが、二人が呼ばれてしまったのだ。
祭の際、王族の血筋の女が巫女として詠を捧げなければならない。さもなくば神との契約が途切れ異界と繋がってしまうのだという。
王女を呼び戻すことが不可能になったため、王女と瓜二つだという椿は囮の身代わりとなる。
敵をひきつけ巫女候補を守りつつ祭の開始を待つのだが、その裏では祭りを台無しにしようとする企みが侵攻していた。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • ツギクル 運営
  • 【第2回ツギクル小説大賞 感想キャンペーン】

    異世界転移した後の波乱万丈さと困惑が、兄妹の心情描写を通して
    しっかりと描かれていて、読む者にも深く伝わってきます。
    20年ぶりに会えた大切なわが子に調味料を渡していくシーンでは、父親の大きな愛も被せて伝わってきます。

    6万文字弱の文字数ですが、展開がスピーディで息つく間もなく場面が進んでいくため、読者の興味を惹きつけて、最後まで一気に読ませてしまう力はさすがでした。

    この度は第2回ツギクル小説大賞へエントリーいただきありがとうございました。
  • 2017年09月01日 14:36

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2017/07/30 00:10:06

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は590aiと判定されました。
ファンタジーだけでなく、様々なジャンルの要素が散りばめられているようですね。
テンポが良い作品ですね。

全体のバランスを考えて、うまく文章構造を組み立てられています。
あとは分析結果の「文章の傾向」を確認してみると良いかと思います。

素敵な物語をありがとうございました。
各種分析結果や類似作品も是非ご覧ください。これからもツギクルをよろしくお願いします!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      15文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      16文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      23文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      21.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.00

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      1.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      51.00

      ひらがなが多いかな

    • 特殊語の出現率

      16.00

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      7:3

      セリフがちょっと多いかな

    • 空行率

      2.00

      空行が少ないかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      68

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      29.00

      標準的だね