計n回の転生より導かれた結果、魔法の才能が無いと思っていたが、今回の転生では魔法の才能を持っていたから魔法使いを目指す。 (外部サイトで読む

栗明旦陽

 小説家になろうでは『計n回の転生により導かれた結果から俺には魔法を使う才能が一切無いと思っていたのだが、どういうわけか今回の転生では魔法の類い希な才能を持っていたので本気を出して今まで夢に見てきた魔法使いになろうと思う。』というタイトルです。長くて登録が出来なかったので変更しています。

 今まで幾度となく、転生を繰り返してきた中で一度も魔法に適性が無かった彼は、再び転生した先で魔法の才能を得ることになった。

 転生した先の彼の名はカルディウス。彼は最初で最後になるであろう、魔法使いとしての人生を今まで以上に努力して生きていく。

 その目に世界の終焉と真相を焼き付けることになるとは知らずに……。

 「世界はきっと、消滅《おわり》を望んでいた――」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カルディウス
    転生
    魔法使い
    才能
    計n回
    小説家
    適性
    終焉
    消滅
    真相
    世界
    結果
    タイトル
    人生
    一度
    最初
    登録
    最後

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち