マリーボローのエミリー・ポポンス

本多ミル

とある国のマリーボローという町に、かの有名な物語の「メアリーポピンズ」にそっくりな銅像がある。ここには、知る人ぞ知るメアリーの双子の姉さんエミリーが、その昔にやっていたメリーズショップというカフェがある。しあわせなピンク色を基調にした、地元の人にも観光客にも愛されるカフェだ。そこは、今は病気がちな孫とその子供のルークとナオミでやっている。しかし、このカフェには秘密があった。すでにこの世にいないエミリーおばあさんが、あちらの世界から銅像を通して、お供のタカの柄の傘を連れて抜け出てきて、毎夜カフェのお菓子や仕込みをしにくるのだ。また、いつもカフェの皆のことを心配しているエミリーは、個々の心のケア―をしていく。竜巻によって親を亡くしひとりぼっちになってしまった少女、友達とどう接していいのかが不安な人見知りのナオミ、ルークの同級生の進路や恋愛の悩み、ルークが敬遠している家出をしていった父親のことなど、様々な困難な問題に一緒に立ち向かう。そして最後に、エミリーは父親と再会したルークとナオミを乗せて、帰り道の大きな川でこぐボートの上で「夜明けのうた」を熱唱するのだ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エミリー
    ルーク
    マリーボロー
    ナオミ
    エミリー・ポポンス
    メアリーポピンズ
    エミリーおばあさん
    銅像
    姉さんエミリー
    ひとりぼっち
    メリーズショップ
    父親
    毎夜カフェ
    人見知り
    夜明け
    仕込み
    ボート
    観光客
    家出
    この世

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

https://note.mu/hondamiru/n/n55466ec77777?creator_urlname=hondamiru