若き国王の復讐戦争

早見白

 この世界には五つの王国が存在する。
 それぞれの国は領土を増やす為に多くの犠牲を出し、戦争を行ってきた。
 
 [アルファレス王国]の次期国王であるルイス・アルファレスは妹のセシリア・アルファレスと平和な生活を送っていた、だが、そんな平和は一瞬にして崩れ去った。
 城に侵入者が現れ国王と王妃であるルイスの父と母は敵対国である、エスカ・レイト王国の手により無惨な死を迎える。

 そして、兄妹は悲しみに暮れながらある決意をする。

「必ずや犠牲になった者達……父上と母上を殺した者に復讐を」

 王家の血筋を継ぐ者にのみ受け継がれる[アビリス]という能力を手にとり、二人は決意を胸に[復讐戦争]を行う事を決意する

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2017/07/17 14:10:06

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は651aiと判定されました。
ファンタジーの要素をおさえつつも、他のジャンルの要素も含まれているようですね。
なかなかバランスが取れた作品ですね。

適度な割合で用語を用いてしっかりとした文章構造になっている作品ですね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を確認してみると良いかと思います。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      11文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      16文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      12文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      22.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      11.00

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      41.00

      ひらがなが少ないかな

    • 特殊語の出現率

      16.00

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      7:3

      セリフが多いかな

    • 空行率

      52.00

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      67

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      30.00

      標準的だね