バーミリオンクラウン

独楽川真琴

「初めて会った時、運命を感じたんです」

そう言って告白してきたのは二十歳の青年、そして俺は還暦を迎えた爺さん。

60歳×20歳、この恋には障害があり過ぎる。

*とにかく年の離れたカップルを書いてみたくて、初めての執筆なので練習のつもりで書きました。エロは無しです。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち