SMOKE BLOOD

夜桜 朔

それは、一つの家族が惨殺された瞬間に始まった。
死神は、血で染められた字と煙草の煙を残して
家族を皆殺しにするから”紫煙”と呼ばれるようになった
そして、とある少年は死神に友人を殺されてしまった。
また、とある青年は死神に家族を殺された。

この二名の少年と青年が、死神”紫煙”を探し始めた。

紫煙は何のために、一家を殺しまわっているのだろうか。
なぜ、二人は探すのだろうか。
なぜ、警察は紫煙を見つけることができないのだろうか。
これは、二人の少年ではなければ見つけることができなかった死神の話

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち