『夜鷹の星』(宮沢賢治『よだかの星』)/ 春日部こみと (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

生まれつき醜く生まれた『夜鷹』は、村の皆に蔑まれ冷遇されてきた。中でも最も毛嫌いするのは、村一の美丈夫である『鷹』である。鷹は夜鷹の名の中に己の名が入っていることが我慢ならない。夜鷹を見る度酷い目に遭わせてきた。そんなある日、夜鷹は鷹に待ち伏せられて――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    夜鷹
    美丈夫
    村一
    宮沢賢治
    春日部
    度酷い目
    我慢

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち