『ドッペルゲンガー』(芥川龍之介『人を殺したかしら?』)/ 植木天洋 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

自分にそっくりの子がいると言われ紹介された私。私はその子が似ていることでドッペルゲンガーの伝説に取り憑かれ、徐々に精神を蝕まれていく。堪え切れなくなった私は彼女を呼び出し、はさみで切りつけた。それから数年たって大人になった私だったが、ドッペルゲンガーの呪いは私を蝕み続けていたーー。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ドッペルゲンガー
    芥川龍之介
    植木天洋
    はさみ
    その子
    呪い
    堪え
    伝説
    精神
    彼女
    大人
    たー
    自分
    数年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち