『嘘発見電波が流れた日』(『ピノッキオの冒険』)/ 西橋京佑 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

嘘発見電波が世の中に流れ始めた。嘘をつくと鼻が長くなるらしいその電波は、人の思考の奥底にまで到達し、事実と違う思考までをも摘発すると言う。だけど、事実と違う思考は全て悪いものなのだろうか?僕は“コオロギ”を連れてある場所へ向かった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ピノッキオ
    西橋京佑
    嘘発見電波
    思考
    コオロギ
    事実
    奥底
    冒険
    世の中
    全て悪いもの
    場所

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち