『邪眼』(太宰治『燈籠』)/ 末永政和 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

申すも恥ずかしいことでございます。私は全身黒ずくめの、眼帯の男性を愛してしまいました。嗚呼、その隠れた左目はどんな力を宿していることか! そうして私は、あの方のために盗みを働いたのです。それにちがいはございませぬ……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    末永政和
    全身黒ずくめ
    太宰治
    燈籠
    眼帯
    盗み
    左目
    邪眼
    恥ずかしいこと
    男性

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち