異世界蹂躙劇~召喚されし殺戮者~ (外部サイトで読む

シロ紅葉

朽月流の殺し屋業を継承した兄、玻璃は病弱な妹の瑠璃と共に辛くはあったが満たされた日々を送っていた。
しかし、ある日異世界へと召喚されたことによって、唐突に終わりを告げることになった。
異世界で兄妹を待ち受けていたのは、獣の耳と尻尾を持つ異世界人からの襲撃だった。
更には、不慣れな環境で徐々に衰弱していく瑠璃。
苦しむ瑠璃を引き連れて、玻璃は襲い来る異世界人を血祭りに上げながら、元の世界に戻る手段を探すべく、異世界中を駆け回る。
瑠璃に残された時間は僅かしかない。
異世界から帰還するべく、兄妹の過酷な戦いの火蓋が落とされようとしていた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    瑠璃
    玻璃
    兄妹
    異世界蹂躙劇
    異世界人
    血祭り
    火蓋
    殺し屋業
    殺戮者
    朽月流
    異世界中
    尻尾
    手段
    戦い
    終わり
    環境
    日々

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち