輝炎救世譚―ある異世界転移者による回顧録― (外部サイトで読む

コウヤ

 その日、少年は燃え盛る炎の中に消えた。
 その日、少年は光輝く異世界に現れた。
 その日、少年は救世主となった。

 平々凡々な学生であった【日守暁良】は、生まれ育った自宅と共に焼け落ちると同時に、異世界へ転移させられてしまった。

 そこで暁良を待っていたのは、光の女神と地水火風を司る四つの精霊によって生み出された人間の王国だった。

 世界を救う使命を背負わされた暁良は、その身に最強の精霊の力を宿し、様々な人々と出会いながら、光の背後にて密やかに、されど確実に、影の意思を物語る冥王との戦いに巻き込まれていく。

 これは全ての旅路を終えた暁良自身が、異世界で体験した光と闇の戦いと、その数奇な結末に至る旅路を描いた記録である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    地水火風
    旅路
    精霊
    少年
    輝炎救世譚
    日守暁良
    回顧録
    異世界転移者
    冥王
    光輝く異世界
    戦い
    救世主
    四つ
    暁良自身
    使命
    結末
    背後
    王国
    女神

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2017/06/09 21:10:06

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は691aiと判定されました。
ファンタジーの作品傾向にあった内容ですね。
文章のバランスが良く、読みやすいと感じました。

とても自然な文章で書かれていて、つまるところもなくスムーズに読み進めることができますね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を参考に調整をしてみると、より良くなると思います。

読んでいてどんどん話に入り込んでいける作品でした。
各種分析結果や類似作品も是非ご覧ください。これからもツギクルをよろしくお願いします!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      19文字

      一文が少し長いかな

    • 平均句読点間隔

      17文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      22文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      22.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.00

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      49.00

      ひらがながちょっと多いかな

    • 特殊語の出現率

      13.00

      記号などがちょっと少ないかな

    • 地の文とセリフの割合

      9:1

      セリフがちょっと少ないかな

    • 空行率

      29.00

      空行がちょっと少ないかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      74

      表現力がかなり豊かだね

    • 単語の重複率

      33.00

      多くの単語を使っているね