ミツバチとくじらのためのワルツの教科書 (外部サイトで読む

みのりん(戦闘ロボ)

登場人物は、文芸部の部長をやっているわたしと、絵本を描いている後輩くんと、顧問ドクター·カザマツリ先生と、そのほかにすこし。後輩くんはミツバチとくじらのためのワルツの教科書という絵本を描いている。ドクター·カザマツリ先生は白衣を着ている詩人である。ちなみに我らが発行する部誌は腰が抜けるほど売れていない。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カザマツリ先生
    ミツバチ
    くじら
    ワルツ
    教科書
    後輩くん
    顧問ドクター
    絵本
    白衣
    文芸部
    すこし
    詩人
    我ら
    登場人物
    部長
    部誌
    わたし
    ほか

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2017/05/26 06:10:06

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は545aiと判定されました。
ファンタジー作品の中でも珍しい設定がたくさんありますね。
読みやすい作品だと思います。
全体の印象からすると、恋愛の要素も多くみられますので、より意識してみても良いかもしれません。
適度な割合で用語を用いてしっかりとした文章構造になっている作品ですね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を参考に調整をしてみると、より良くなると思います。

読んでいてどんどん話に入り込んでいける作品でした。
分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      10文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      15文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      12文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      19.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      10.00

      動詞がちょっと少ないかな

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      51.00

      ひらがなが多いかな

    • 特殊語の出現率

      14.00

      記号などがちょっと少ないかな

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      ちょうどいいね

    • 空行率

      66.00

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      69

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      22.00

      もう少し多くの単語を使ってほしいかな