朝涼の傾国 (外部サイトで読む

葦元狐雪

宮地獄神社の息子である高校生の僕は、日課である境内の掃除の途中、参道の石段に座り込む絶世の美女と出会う。
千鶴と名乗る美女は、とある目的のために僕を尋ねて来たと言う。時を同じくして、時空の歪みに迷い込んだらしい幾人かの旅行者が僕の元へやってきた。
性来義勇任侠の僕は彼女たちを救うため、密かな下心を抱きつつ奔走する——

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    性来義勇任侠
    朝涼
    傾国
    美女
    旅行者
    幾人
    絶世
    千鶴
    宮地獄神社
    下心
    石段
    時空
    参道
    歪み
    境内
    日課
    高校生
    彼女たち
    掃除

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち