ほぼ毎日、二人の侍は現代を満喫致し候 (外部サイトで読む

津島結武

 江戸の町に住む侍――底本貧三。彼は非常に貧しい生活をしており、傘を作って生計を立てていた。
 しかし、そこへ竹馬の友――狂郷笑吉がやってきて、底本はなされるがままに得体の知れない機械に乗せられる。
 そして、気づいた頃には、二人の侍は現代の仙台にいた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    底本
    郷笑吉
    現代
    竹馬
    底本貧三
    生計
    得体
    貧しい生活
    二人
    江戸
    機械
    仙台

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち