天正翻天記 (外部サイトで読む

半月明音

穴山梅雪、吉川広家、織田の天下で狂った彼らの運命 半月明音

1592年、織田家が天下をとってから数年後。

織田信長は、大規模な領地替えを行った。

それぞれが不満を述べながら承諾する中、羽柴秀吉はあることに気づく。

諸将の名を列挙する堀秀政の口から、自分の名前がでなかったのだ。

黒田官兵衛は、京都所司代として採用され、広間にいた村井貞勝に挨拶する。

[天正大移動]と呼ばれるこの国替えは、様々な大名の運命を狂わせるきっかけだった。

一年後、隠居を余儀なくされた羽柴秀吉が、織田を出奔。

織田軍は、領地を譲った柴田勝家を筆頭に大規模な捜索を続けるが、周防の滝川一益が毛利残党に追い出されたと伝わる。

土佐の家康に残党攻撃を命じる織田信長だが、小早川隆景は、土佐と家康を分断。
毛利秀元(末次元康が代理)は尼子残党の拠点、月山富田城に奇しくも籠城した。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    羽柴秀吉
    末次元康
    織田信長
    村井貞勝
    毛利秀元
    吉川広家
    小早川隆景
    穴山梅雪
    領地
    堀秀政
    家康
    柴田勝家
    尼子残党
    滝川一益
    土佐
    国替え
    天正大移動
    天下
    黒田官兵衛
    織田家

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

閲覧ありがとうございます。戦国架空戦記への皮肉をこめて執筆しています。練習を兼ねています。
更新は不定期です。転生物は苦手なので書きません。執筆初心者です。