ウロボロスは爪先を噛む (外部サイトで読む

津島結武

 裏野ハイツの103号室で家族と一緒に住む大山薫。何の変哲もない生活の中、突然大きな物音が天井から聞こえてくる。そこで薫は様子見に二階へ上がったのだが……。
 それが悲劇の始まりだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    裏野ハイツ
    ウロボロス
    大山薫
    変哲
    爪先
    物音
    様子見
    悲劇
    天井
    始まり
    家族
    生活
    103号室
    二階

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち