手入れが困難すぎる花

最月猫子

やる気もなく、萎れた花のようになっていた俺に、甲斐甲斐しく水をやり、肥料をやる者が現れた。
そして、俺は花開く。それは、思ったよりも随分と大輪の花だったようで。

感想書きにくいようでしたら、ブログのウェブ拍手の方にお願いします。
http://mikenovel.blog.fc2.com/
感想お待ちしてます。

目次
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち