虚空としか言いようのない世界

津野創輔

高鳶信紘は、中部地方の小さな市で農業会社を経営する36歳。高校時代の友人たちとなぜか謎解きに挑む。友人の家から消えた本、突然起きた火事、連続して起こる幽霊事件。警察でも解き明かせない事件を信紘は解き明かせるのか。

目次

第二章:燃え盛る

燃え盛る
更新日:2017年03月20日
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち