劣等生は能力を隠す〜魔術学院の最強の武術使い〜 (外部サイトで読む

影茸

祖父に鍛えられ、最強の武道の遣い手となった東颯斗。
しかし16歳ながら就職し働くこととなった颯斗は余計な騒ぎを起こす事を嫌い、自分が武道を使えることを隠すことを決める。
だが、ある時よく分からない異貌の生物、悪魔に襲われていた女性を救う為に武道を人前で使ってしまう。

「貴方学校に行きたくない?」

「へ?」

焦る颯斗だったが、何故か颯斗は助けた女性の言葉で学校に通うこととなる。
最初は念願の学校に通えると喜んだ颯斗だったが、

ーーー通うこととなった場所は魔術師の学校だった。

魔法が使える訳がない颯斗は劣等生と蔑まれるようになっていく。
だが、颯斗がイジメられることを快く思わない優等生の少女、アイラ・ハルバールが現れる。
そしてアイラと出会った時、颯斗は陰謀の渦に巻き込まれていくこととなる……

これは最強の武術を持ちながら、魔術師の学院で劣等生と蔑まされる少年の物語。

※題名は変更する可能性があります。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    颯斗
    劣等生
    アイラ
    魔術師
    武道
    遣い手
    武術
    最強
    アイラ・ハルバール
    魔術学院
    優等生
    東颯斗
    武術使い
    異貌
    陰謀
    人前
    祖父
    騒ぎ
    貴方学校
    題名

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち