廻り廻る、季節の中で。

霧野リノ

 あるところに、動物の耳としっぽをもった人々が住んでいる国がありました。

 この国では季節の女王と呼ばれる不思議な力を持った人々の力で四季が廻っています。
 国民は女王さま達の与えてくれる季節の移ろいの中、みんな幸せに暮らしていました。

 しかしある年のこと、いつまで経っても冬が終わりを告げません。
 その理由は冬の女王さまがこの国の四季を司る「季節廻りの塔」から出てこないことでした。

 多くの人達が冬の女王を塔から出そうとするも、いつまで経っても冬は終わりを迎えませんでした。
 そんなある日、仔猫の少女チカは終わらない冬にいても立ってもいられず家を抜け出してしまいます。
 目指すは冬の女王さまのいる季節廻りの塔です。

 降りしきる大雪の中、誰もいない街でチカは見知らぬ女の人と出会います。
 その女性の正体は、実は……?

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち