最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いの無能力者~ (外部サイトで読む

土佐 牛乳

西暦2016年、能力者と呼ばれる人々が世間の裏側で暗躍していた。その世界には、日本国直属の機関により設立された能力者の傭兵育成施設、通称ESP学園がある。この物語の主人公はESP学園に所属している佐部 佑《さべ たすく》という一人の青年である。彼はこの学園で能力が使えない唯一の落ちこぼれだ。しかしある日、タスクに転機が訪れた。恩師である、剣先生の提案により、戦闘についての教えを受けてもらい、最底辺を抜けるために、念願のランク祭へと出場することとなった。しかし、縦横無尽に戦闘をするタスクには、自身さえ知り得はしない秘密があった。    そしてタスクに忍び寄る、世界を大幅に改革せんとする計画……。     最底辺による成り上がりの物語は、どこに進むのか。――彼は2丁の銃で標的を狙い撃つ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    タスク
    佐部
    最底辺
    英雄譚
    成り上がり
    最弱能力者
    落ちこぼれ
    たすく
    日本国直属
    戦闘
    傭兵育成施設
    通称ESP学園
    無能力者
    物語
    転機
    標的
    ランク祭
    恩師
    二丁拳銃使い
    西暦2016年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち