『道』  藤野 (『古事記』「黄泉比良坂」) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

旅の途中で山中の道を歩いていた。一本道で迷うはずもないのに行けども行けども道は終わらない。だんだんと日が傾いてくるにつれ、気持ちだけが焦っていく。その時、後ろから何者かの足音が聞こえてきた。足を緩めても早めてもぴったりとついてくるその足音はいったい何者なのか。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    黄泉比良坂
    足音
    何者
    一本道
    古事記
    藤野
    山中
    だんだん
    気持ち
    途中

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち