『砂塵のまどろみ』  化野生姜 (『眠い町』『砂男』) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

念願だった図書館の司書をやめさせられた「私」。家には痴呆の祖母と、自分のことを理解してくれない母がいる。毎日のように続く頭痛と、幾度もフラッシュバックする仕事のトラウマに悩まされながら、いつしか砂漠の幻覚を見るようになっていく…。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    まどろみ
    砂男
    化野生姜
    砂塵
    司書
    トラウマ
    痴呆
    幻覚
    幾度
    砂漠
    図書館
    祖母
    眠い町
    頭痛
    仕事
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち