『ツルの憂鬱』  poetaq (『鶴の恩返し』)

BOOK SHORTS(ブックショート)

おツルは老夫妻の元を去りたかった。というのも、既に恩返しのために織った緞子で豊かになっているにもかかわらず、夫妻は部屋を覗くことなく織らせ続けている。耐えられなくなったおツルが病を訴えると、夫妻はおツルがかつて罠から救った鶴と察知していたらしい。おツルは潮時を悟り、飛び立った。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この小説について紹介しているページです。
気になったら是非読んでみてください。

クルミちゃん

ハマっちゃうと寝られないから。ご注意!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち