ヒロインズタイムスリップ~1984&1994~ (外部サイトで読む

明石竜

九月下旬のある日。高校一年生の門永英治(かどなが ひではる)は大学生の姉、英乃(ひでの)から自作マンガを読んで欲しいと頼まれ迷惑していた。そんな時入り込んで来た母は、英乃の自作マンガにダメ出しをし、自分が中学生の頃の絵の方が上手かったと自慢する。英乃は冗談だと思っていたが、母は自分が中学の頃に使っていたノートを何冊か見せ、本当だったことを証明した。英乃はそのノートの何冊か持って自分のお部屋へ。英治もある一冊のノートに描かれた少女のイラストを眺めていたら突然、その少女が飛び出て来た。恵美(めぐみ)と名乗った中学二年生の少女は昭和59年頃からタイムスリップして来たかのように現代の世の中のことを知らず英治の部屋にあるテレビなどの進化に驚いていた。英治と英乃は恵美がいることを両親にばれないよう気遣うことに。翌日、英治の幼馴染、黒河内松穂にも恵美の存在がばれてしまう。英治が昔の絵だから魂が宿ったのではないかと非科学的な推測をすると、松穂は自宅から彼女の母が二〇年ほど前に描いたイラスト入りノートを持ってくる。恵美が松穂お気に入りの女の子の描かれたページに手を突っ込むと絵莉(えり)と名乗る小学四年生の女の子を引っ張り出すことが出来た。この子も平成6年頃からタイムスリップして来たかのように現代のことを知らなかった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    英乃
    ヒロインズタイムスリップ
    英治
    恵美
    黒河内松穂
    ひではる
    門永英治
    自作マンガ
    ノート
    何冊
    少女
    絵莉
    現代
    中学二年生
    女の子
    幼馴染
    めぐみ
    イラスト入りノート
    高校一年生
    大学生

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち