神と二十八が輪廻る元探偵のバーテンダー

小鳥遊咲季真【タカナシ・サイマ】

【暗号を解いていたら二月の末を繰り返して自己が増殖した物語】

 すすきの。魑魅魍魎が百鬼夜行する札幌の夜の顔とも言える日本屈指の繁華街。その一角に錆びた階段がある。階段を下った先には【Bar・Omikuron】がひっそりと店を構えていた。想いを寄せる女の子に告白した久朗津は、返事の代わりに暗号を受け取っていた。暗号が解けない久朗津は友人の紹介で【Bar・Omikuron】を訪ねる。そこには初老のバーテンダーがいた。運命に屈した少女を救うために久朗津とバーテンダーのマスターは暗号を解き始める。

※この物語は犯罪を助長推奨するものではありません。
※この物語はフィクションであり、実在の人物・地域・団体とは一切関係ありません。
※旧名「バーテンダーは元探偵」
※お酒は20歳になってから。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち