魔眼と弾丸を使って異世界をぶち抜く! (外部サイトで読む

かたなかじ

銃好きの結城アタル、彼は社会人三年目。
しかし、彼はひょんなことからその命を失ってしまった。

目覚めた先で待つのは神。神が求めるのは異世界に一石を投じること。
それを好きなように戦っていいと判断したアタルは一つの武器と能力を求める。

彼が求めたのは、スナイパーライフルという武器。そして、それに適した弾丸を製造できるという能力。
神が与えたのは、それに加えて魔眼とよばれる特殊な眼の力。

ただ弾丸を製造するだけの能力。だが、これは多くの可能性を秘めた能力だった。
愛銃とその能力で異世界をアタルが無双する。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    アタル
    弾丸
    能力
    スナイパーライフル
    結城アタル
    魔眼
    武器
    一石
    無双
    銃好き
    愛銃
    可能性
    社会人三年目
    一つ
    多く

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち