花弁を散らし、灯火を消す無常の風

ふゆき

 アフリカの小さな田舎町で新型の狂犬病が確認されたというニュースが世間を騒がせたのは、3ヶ月前。
 冬を間近に控えた、11月半ばのことだった。
 遠い国の出来事だということ。
 狂犬病の国内での感染が確認されなくなって久しいこと。
 ワクチンがすぐさま開発されたことなどなど。
 騒動はあっという間に下火になり、人々の記憶から薄れていった。

 だが、年を跨いだ1月のある日――……。




* いわゆるところのゾンビもの、もしくはパンデモニウム(感染拡大)パニックものっぽいやつです(*_ _)ペコリ

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    パンデモニウム
    狂犬病
    田舎町
    ワクチン
    下火
    アフリカ
    灯火
    パニックものっぽいやつ
    感染拡大
    花弁
    あっという間
    久しいこと
    ゾンビもの
    騒動
    新型
    遠い国
    出来事
    世間
    ニュース
    人々

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

閲覧ありがとうございます٩(๑òωó๑)۶
栞を挟んだり評価してもらえたら励みになります!