『咳をしたなら』室市雅則(『咳をしても一人』尾崎放哉) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

半年前に妻と離婚し、今は一人で暮らす男。家に帰っても誰もおらず、冷え切った部屋だけが待っている。風呂上がりにビールを片手に夜空を眺めると月も出ていなかった。孤独を紛らわそうと咳を一つした。余計に孤独になった。しかし、その咳が原因で・・・

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    室市雅則
    尾崎放哉
    風呂上がり
    半年前
    一人
    夜空
    片手
    ビール
    原因
    一つ
    部屋

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち