『ある日』辷(『もりのくまさん』) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

大学院生の私は、研究や他の課題などに忙殺され、彼女にも振られ、日常に行き詰まりを感じていた。そんな彼はある日、目の前に続く一本の道がどこまで続くのか確かめたいという気持ちにおそわれ、ただ無心に歩き出す。その道中で彼は不思議な女性に出会う。彼の旅を止めようとする女性に対し彼は…。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    行き詰まり
    大学院生
    くま
    もり
    道中
    目の前
    女性
    課題
    研究
    日常
    彼女
    気持ち
    一本

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち