『宵待男』室市雅則(『宵待草』竹久夢二) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

道端の花を眺めていると、女性に声をかけられました。僕はその女性に一目惚れし、彼女は「また明日」と言って去りました。その通りに僕は翌日、同じ場所で彼女を待ちました。しかし、彼女は現れません。僕は彼女が「明日」ではなく「明後日」と言ったのだと考え、再び彼女を待つことにしました。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    室市雅則
    竹久夢二
    宵待草
    彼女
    宵待男
    道端
    明後日
    女性
    翌日
    通り
    場所

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち