『羅刹の子宮』柘榴木昴(『羅生門』) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

認知症の母の介護に毎日追われる義郎。自身は結婚もできず弟は音信不通、母の暴言暴力も日に日に増していくばかり。それでも母を大切にしていた義郎だったが、あるとき母から嘘か本当か、かつて母の犯した罪を告白される。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    義郎
    羅生門
    音信不通
    暴言暴力
    羅刹
    柘榴木昴
    認知症
    子宮
    介護
    結婚
    自身

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち