『いちょうの実』菊野琴子(『いちょうの実』宮沢賢治)

BOOK SHORTS(ブックショート)

風に吹かれ、一斉に母なる銀杏の木から旅立った子どもたち。その中で一粒だけ、北風のマントにしがみついた子がいた。面白半分でついてきた鴉と惰性で話しながら、見つけたのは人の庭。空に落ちることを夢見て、大地に落ちることを畏れても、その内にあふれる命の見据える先は――――。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち