二度目の地球で街づくり~開拓者はお爺ちゃん~ (外部サイトで読む

当方90歳で大往生。そんなつもりで永い眠りにつこうとしたけれど、今際の際、走馬燈から飛び出したのは幼馴染の神様だった。
お願いはたった一つ。未来の地球を引っ掻き回して欲しいらしい。

降り立った世界では何故か60歳まで若返った私。神様から授かった力で、目指すは勇者か、魔王か。
お爺ちゃんは、生き抜く為に、今日も走り続ける。まだ見ぬ理想郷を追い求めて。

魔王になって、勇者に討たれるとか、ご免です。私は、幸せに過ごすのです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    お爺ちゃん
    今際の際
    走馬燈
    魔王
    勇者
    開拓者
    理想郷
    大往生
    ご免
    永い眠り
    神様
    地球
    幼馴染
    くり
    未来
    一つ
    世界
    お願い

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち