赤い糸のその先は

深雪まゆ

お互いに思い合っていたのに、何気ない言葉が二人を臆病にしてしまった。
そして数年が過ぎ、出会ったのは想像もしない場所。姿は変わってもお互いを見間違うことはなく、目が合った一瞬で気付いてしまった。そんな再会LOVE。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち