鳴き響む (外部サイトで読む

水戸けい

村の荒寺に住み着いた薄汚い男は、いつしか村の民と交流を持つようになっていた。
ある日、村に領主のもとへ美しい女を差し出せという命令が伝わった。しかし村のめぼしい女は、すでに献上済みだ。代わりとなるものを差し出す余裕は、村にはない。
村のものらが困り果てていると、薄汚い男が言った。
「なんとでもしてみせよう」
そうして男は村の少年ひとりと馬を連れて旅に出た。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    薄汚い男
    荒寺
    めぼしい女
    領主
    献上済み
    鳴き響
    少年ひとり
    命令
    美しい女
    代わり
    交流
    もと
    余裕

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち