私立一之宮学園〈特科〉

ヲトオ シゲル

私立一之宮学園
超が付く名門校の、その広大な敷地の一番端の一番小さな校舎、それが特別科。
何がどのように特別なのか、ほとんどの教師や生徒に詳細は知られていなくても、学園にいるどの人間もがその一番端にある一番小さな校舎が特科である事は知っていた。

かつて自分の両親やその級友達がいた一之宮学園。
そこに生物学研究者のよつばは講師として派遣される。平穏無事に生きる事を目標としているよつばは、問題なく無難に講師をやり遂げる予定だった。

ところが案内された先は特別科。

生徒は自分よりもはるかに年下の父親達だった。
【一章:これは14日間のおはなし。】

稀有な能力を持ったひとたちの、日常と非日常。






まったり速度で更新してまいります。

なろうさんで公開中です、寄ってって下さい‼︎

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。
あらすじや各話にここからアクセス出来ますよ。

クルミちゃん

どんな小説なんだろう?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち