無職ニートの俺は気が付くと聯合艦隊司令長官になっていた (外部サイトで読む

中七七三あるいは垢のついた夜食

無職ニートで軍ヲタの俺が太平洋戦争時の聯合艦隊司令長官となっていた。
これは、別次元から来た女神のせいだった。
その次元では日本が勝利していたのだった。
女神は、神国日本が負けた歴史の世界が許せない。
なぜか、俺を真珠湾攻撃直前の時代に転移させ、聯合艦隊司令長官にした。
軍ヲタ知識で、歴史をどーにかできるのか?
日本勝たせるなんて、無理ゲーじゃねと思いつつ、このままでは自分が死ぬ。
ブーゲンビルで機上戦死か、戦争終わって、戦犯で死刑だ。

この運命を回避するため、必死の戦いが始まった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    聯合艦隊司令長官
    ブーゲンビル
    機上戦死
    無職
    女神
    真珠湾攻撃直前
    別次元
    神国日本
    歴史
    戦犯
    ヲタ知識
    死刑
    太平洋戦争時
    軍ヲタ
    無理ゲー
    運命
    戦い
    時代
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • やっくん
  • 前のサイトから愛読しております。突然いなくなってから寂しさが募りました。。
    大変だと思いますが、最後まで完結させてくださいませ。特に戦記物だと未完が多すぎます。ではお体に気をつけてくださいね!
  • 2017年04月27日 21:38

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち