コミュ力低し数百社不採用の僕でも異社会に召喚されたら有能だと期待された件 (外部サイトで読む

明石竜

十月も終わりに近づいたある日の夕方、就職活動中の霜鳥修(しもとり おさむ)は神戸にあるウェブシステム開発会社の入社面接を受けた帰り、JR三ノ宮駅へ戻る途中に早々とその会社から不採用の連絡を携帯メールで受け取る。修はそのショックから癒しを求め、家に帰る途中に王子動物園へ立ち寄った。動物達を眺めながら園内をとぼとぼ歩いていたところ、望月数歩(もちづき かずほ)という女子中学生にいきなり話しかけられ唐突に告白までされた。そのあと修は数歩に手を引かれ阪急電車に乗せられ、芦屋にある彼女の自宅まで連れて行かれ……

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    もちづき
    かずほ
    コミュ力低し数百社不採用
    霜鳥修
    阪急電車
    おさむ
    王子動物園
    ウェブシステム開発会社
    入社面接
    JR三ノ宮駅
    異社会
    芦屋
    園内
    女子中学生
    途中
    望月数歩
    告白
    就職活動中
    神戸
    動物達

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち