ずっと君を見ていたい (外部サイトで読む

御堂一夜

甲子園に行って優勝する。
それは、かつての彼の夢であり、同じ夢をもった幼馴染と交わした約束でもあった。
そんな夢を追い続けた野球少年の高杉達也は、怪我による挫折で、その夢も約束も手放す。
そして、高校生になった彼は、青春を謳歌することなく、ただ堕落した毎日を送っていた。
そんな折り、彼はちょっとしたきっかけから校内随一の美少女で、野球部のマネージャーである女子生徒・高橋由香と知り合う。
彼女の野球へのひたむきさに、彼の心は徐々に揺り動かされ始め、野球に対しての自分の想いを見つめ直していく。

これは、高校野球を舞台にした恋と友情の青春ストーリー。

※この小説はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。
 また、作品内に含まれている野球に関する技術面についても、作者の勝手な解釈が含まれているため、実践することはお勧めしません。

※完結済みです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    野球
    フィクション
    技術面
    高杉達也
    校内随一
    高橋由香
    マネージャー
    青春ストーリー
    約束
    幼馴染
    完結済み
    美少女
    甲子園
    ひたむきさ
    折り
    実在
    きっかけ
    野球少年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち