『母岩戸』室市雅則(『天岩戸』日本神話) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

三十歳の引きこもり男。ついに一線を越え、ペットボトルで「小」を済ませた。理解者の母もあきれ果て、食事がなくなった。空腹に耐えきれず部屋を出ると、家族が男の存在を忘れて笑い合っていた。悲しくも怒って暴れると母がトイレに引きこもってしまった。母を外に出す為に、初めて家族が団結する。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    室市雅則
    母岩戸
    理解者
    ペットボトル
    天岩戸
    一線
    空腹
    家族
    日本神話
    トイレ
    食事
    存在
    部屋
    三十歳

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち