『エナイ』和織(『ルンペルシュチルツヒェン』) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

殺し屋の彼は発情期の猫に眠りを妨げられ困っていた。ある日彼は、自分の手で猫を殺すしかないという考えに至った。しかし実行に移そうとしていたそのとき、ある少年と目が合った。好奇心に満ちたその瞳を見て、殺し屋は少年を猫に触らせてやった。そのうちに、ちょっとした悪戯を思いつく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ルンペルシュチルツヒェン
    殺し屋
    エナイ
    発情期
    少年
    好奇心
    悪戯
    和織
    眠り
    実行
    うち
    考え
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち