『粗忽なふたり』室市雅則(古典落語『粗忽長屋』) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

春から始めた就職活動が終わらず夏を迎えた大学生の『俺』は、今日も面接で失敗。出口の見えぬ日々と苛烈な暑さに頭が溶けそうになって帰る途中、野次馬たちが行き倒れの死体を囲んでいる所に出くわす。その死体が自分と同じ顔をしていたので、双子の弟と断定し、彼の家に本人を迎えに行く・・・

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    室市雅則
    行き倒れ
    死体
    粗忽長屋
    古典落語
    野次馬たち
    大学生
    ふたり
    就職活動
    双子
    出口
    面接
    本人
    失敗
    日々
    途中

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち