竜の咆哮 (外部サイトで読む

春日 智英

竜に拾われ、竜族として育てられた少年ハク。ハクは自分が竜族であると疑わなかった。
女帝竜と畏怖される母と、兄の竜であるラドと共に幼少期を過ごす。

平和な時を過ごしていたある日、母である女帝竜が人類との戦いの後に壮絶な死を迎えてしまう。
人類に対し、大きな恨みを持ってしまうハクとラド。
しかし成長していくにつれ、ハクは自分がその人類であると知る。

母の遺言である「皆が仲良く暮らせるように頑張りなさい」という言葉と、自分の感情との葛藤に苦しみながらも、待ち受ける自分の運命と向き合っていく。

多種多様な種族が住むこの世界で、ハクはどのような選択をしていくのか。

竜の力を持つハク、兄竜のラド。
一人と一頭の冒険が今始まる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハク
    ラド
    竜族
    女帝竜
    人類
    幼少期
    少年ハク
    咆哮
    種族
    恨み
    葛藤
    自分
    冒険
    兄竜
    運命
    戦い
    感情
    選択
    一人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち