悪役令嬢なんてまっぴらです (外部サイトで読む

七沢ゆきの

名門の血筋と美貌、それに財産を鼻にかけ、「心のない鬼姫」とまで言われたショウエル姫。しかし、それは彼女の本当の姿ではなかった。国を支配する残酷なカームラ王の妃となるための彼女の母の謀略だった。
もともと優しい少女だったショウエルはそれに耐え切れず、忠実な従僕エルリックと城を脱出する。しかし、母の追う手は長く、その上、彼女には知らされていなかった真実と言うものが彼女を苦しめる。
そして、いくつかの出来事を経て、ついに彼女は決意した。

「わたしはお母様の影じゃない。わたしはわたしの人生を生きたいの」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    従僕エルリック
    ショウエル
    カームラ王
    彼女
    悪役令嬢
    鬼姫
    わたし
    ショウエル姫
    謀略
    血筋
    お母様
    美貌
    名門
    優しい少女
    いくつか
    財産
    出来事
    人生

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち