零れた欠片が埋まる時 (外部サイトで読む

篠原 皐月

 佐竹清香(さやか)は早くに両親を亡くし、シスコン気味の売れっ子作家の兄清人(きよと)と2人暮らし。若干寂しくも穏やかな毎日を送っていたが、二十歳の誕生日を過ぎる頃から、身辺が賑やかになってくる。それが両親の通夜の席で不用意に発した一言と、彼女達両親の隠された境遇に因るものだとは、清香は夢にも思っていなかった。
 顔見知りの優しい《お兄さん》達に加え、近付いてくる一人の人物を無視できなくなっていく清香。しかしその相手も複雑な事情を抱えて清香に接触していた。清香と清人とその人物の関係に加えて、横から有形無形に割り込んで来る男達。そして清香が長年知らなかった事実が、ついに明らかになる時、事態が大きく動く事に。
 アルファポリス、エブリスタにも掲載している作品になります。 

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    清香
    エブリスタ
    きよと
    佐竹清香
    シスコン気味
    売れっ子作家
    顔見知り
    両親
    人物
    兄清人
    二十歳
    有形
    身辺
    通夜
    お兄さん
    男達
    境遇
    欠片
    彼女達両親

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち