蜉蝣

二色燕丈

過去と未来と、幻想と現実
この声が君に届くとき
過去の君は、何処にいる
未来の自分と、蜉蝣する


売れない作家と画家のお話

お知らせ

最終話「蜉蝣」を公開しました。

それはなんて。
夢を持っているんだろう。
語る本人は生き生きとしている。(本文抜粋)
ご拝読、ありがとうございました
二色燕丈

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は多くの読者が評価しています。
評価や感想はこのページで付けることができます。

クルミちゃん

クルミはハート3つです!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち